格安風俗嬢の魅力

俺の羞恥心をうまく攻めてきた風俗嬢

他の男性はどうかわからないけれど、俺はオナニーをしている時でも恥ずかしい声を漏らしてしまう。女性とエッチなプレイをするときはなるべくエッチな喘ぎ声を漏らさないように我慢しているんだけど、でもどうしても我慢できなくなる時があって声を出してしまうことがあるんだ。初めて俺の喘ぎ声を聞いた女性は一瞬静かになってしまうけど、この喘ぎ声を好きになってくれる人もいれば嫌がる人もいる。だから、なるべく声が漏れないようにしたいと思いデリヘルを利用して経験を積むことにした。風俗嬢とエッチな経験を積んでいけば自然と我慢できるようになっていくだろうし、喘ぎ声が漏れなくなれば俺も安心して気持ちよくなれる。実際にデリヘルから派遣された風俗嬢に事情を話してみると、彼女はバスルームですぐにご奉仕プレイをやってくれた。バスルームは声がすごく響くので、俺が少しでも喘いだらめちゃめちゃ恥ずかしい。でも恥ずかしいって思うとすぐに気持ちよくなって射精してしまった。